出来るビジネスマンはローンを使いこなす!

ビジネスマンといえば忙しいというイメージがありますが、出来るビジネスマンは任される仕事の量も多くなりますから、それも仕方が無いことかもしれません。

日本全国、世界各国を飛び回るビジネスマンであれば、なおさらですよね。

そんな多忙な方であれば当然給料もある程度もらっているはずなので、本来はカードローンとは無縁だと思いますよね?でも、意外とお金も忙しいというのが実情なんです。

例えば、出張旅費や接待費用を立て替えたり、冠婚葬祭に掛かる費用など全てを合わせると、一ヶ月で数十万円から百数十万円になることも珍しくありません。

そんな時に役立つのが、低金利で借り入れができるカードローンです。今のカードローンは急な借り入れにも対応が可能で、ほとんどがカードローン 即日に対応していますが、急にお金を立て替えなくてはならなくなったという時でも迅速に融資を実行してもらうことができます。

 

カードローンの支払い

 

でも、そんな忙しい方であれば、もしかしたら過去に返済が遅れてしまったということもあるかも知れません。そうなると、もう借り入れをすることは出来ないのでしょうか?

 

過去に一度でも返済に遅れたら借り入れはできない?

 

今や気軽に利用できるカードローンですが、カードローンと言っても要は「お金を借りる」ということです。借りたものは返すというのは常識ですね。

返せないものは借りないというのもわかりますが、やむを得ずお金を借りなければならない時があります。返済義務はわかっているものの、どうしてもお金を用意できなかったり、うっかり返済に遅れてしまう人もいます。

個人的に友人に借りたお金などの場合、少し待ってもらうこともできますが、カードローンの場合そうはいきません。2〜3日位の遅れならそんなに大きな問題にはなりませんが、かなり支払いが遅れてしまう時は通常のカードローンの金利よりも高い遅延利息が発生します。

契約の際に返済日に返すという約束をしているのですから、当然約束違反となり、ペナルティとしての延滞利息が発生するのです。それは、仕方がないことですね。

 

1日くらいどうってことないだろうと思っていると大間違いです。そのたった1日で、信用を失ってしまうのです。

1日の遅れくらいでは別に何もなかったと軽く考えて、頻繁に返済遅れを繰り返していたりすると、キャッシングの限度額の引き下げや利用停止などになってしまうことがあります。悪質とみなされると、良く聞くブラックリスト扱いになってしまいます。

信用情報機関に延滞情報が載ってしまうと、カードローンの借り入れどころではなく、車を買う時のローンや人生において一番大きい買い物である住宅を購入する時の住宅ローンの審査で落とされてしまう可能性が非常に高くなります。

信用というのは、お金を借りるうえでとても重要なことなので、返済に遅れるようなことにならないようにしましょう。