忙しいビジネスマンでもOK!スマホで契約ができるカードローン

会社の付き合いで接待や飲み会が続いて、手持ちのお金が心許なくなってしまうときってありますよね。次の給料日までにはどう考えても持ちそうにない・・・。

そんなときに便利なのがカードローンによるキャッシングです。でも、仕事が忙しすぎて申込みに行く時間すら確保できないから無理、と諦めていませんか?

実はカードローンのなかには、今手にしているスマホさえあれば契約できちゃうカードローンもあるんです。

スマホで契約できるカードローンなんて存在するの?

カードローンは店舗に申込みにいかないと契約できないと思い込んでいませんか?実はスマホさえあれば契約できるカードローンも存在します。

スマホで契約可能なら家にいても職場にいても出張先でもOKというわけ。これなら毎日終電で帰るのが日課なビジネスマンで簡単に申し込めますね。

スマホ契約が可能なカードローンを探すのは簡単。「WEB完結」の記載があるカードローンを選ぶだけ。

WEB完結カードローンは来店不要で、必要書類もスマホで写真を撮ってアップロードすればいいだけ。

収入証明の提出義務は◯◯万円以上とカードローン会社によって異なりますが、要はその金額以下に希望額を抑えておけば、本人確認書類(運転免許証)などの最低限の書類の準備だけで済みます。

おすすめのスマホで契約できるカードローン

明確な利用目的があり今すぐ融資を受けたいと思っているのなら、WEB完結&即日融資に対応しているカードローンを選びましょう。即日融資が得意なのは、プロミス・アコムなどの消費者金融会社。また、みずほ銀行も銀行でありながらスピーディーな対応に定評があります。

ただし、即日融資を受けるには振込業務を行う銀行が営業している平日14〜15時までに契約を完了させておくことが条件。できる限り平日の午前中に申し込んでおくのが無難といえるでしょう。

もし、すでに三井住友銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行のうち、どれか1つでも口座を保有しているなら、銀行の営業時間外にお金を振り込んでもらうことも可能です。

仕事が忙しくてカードローンを利用したいけど、家族と同居してるから郵送物が心配と思っている人には、郵送物がないカードレスタイプのカードローンがおすすめ。プロミス・モビットならWEB完結&振込キャッシングでカードなしの利用が可能です。

また、職場への在籍確認も極力避けたいと考えている人には、モビットがおすすめ。社名入りの社員証・保険証・給与明細などの提出を条件に、電話連絡なしで在籍確認してくれることがあります。もちろん、こちらもスマホによるWEB完結が可能ですよ。

経費の立て替えが多いビジネスマン向けのクレジットカード

出張の多いビジネスマンにとって、経費の立て替えは日常茶飯時。どうせ立て替えるのが分かっているのであれば、もっと賢く上手に利用する方法はないのでしょうか?

経費建て替えの多いビジネスマンはクレジットカードを持つべし

出張がないビジネスマンでも、何度も経費を立て替える機会があると総額でそれなりに大きな金額になりますよね。申請すればあとから返ってくるとはいえ、一時的に自腹精算する形になります。

その建て替えが給料日だったら、現金で払うのが難しくなる時もありますよね。長期出張だと何十万円と立て替えが膨らんで、奥さんに睨まれる人もいるかもしれません。

かといってカードローンでお金を借りるのも考えものだし・・・。そんな時に便利なのがクレジットカードなんです。

クレジットカードならいくら立て替えてもカードローンのように利息はつかないし、経費が振り込まれたあとの引き落としになるので、お金がなくて辛い思いもしません。

社会人ならすでに1枚くらいは財布にあるかもしれません。でも普段使いのクレジットカードを立て替えに利用するのはあまり利口とはいえません。

会社側へ利用明細書を提出する際に、プライベートとビジネスを分けるのは手間になりますし、この決済はどっちだったか・・・なんて思い出せないこともありますよ。

それならばいっそ、経費立て替え用に新規で1枚クレジットカードを持つのはどうでしょう。決済を仕分ける必要もありませんし、そのまま提出できるので時間を有効的に使うことができます。

まさに、デキるビジネスマンのたしなみですね。

経費立て替え用に使うならおすすめのクレジットカード

もし、経費立て替えを前提としてクレジットカードを新規に契約するのであれば、どのクレジットカードでもいいというわけではありません。

ビジネスマンとしてのニーズに合うクレジットカードを探しましょう。

もし、飛行機による出張が多いのであれば、航空会社のマイレージが溜まるクレジットカードがおすすめ。さらに電車や新幹線などの交通機関に乗り合わせることも多いなら電子マネーつきの、ANA VISA SuicaカードやJALカードSuicaがおすすめ。どちらも貯まったマイルをSuicaにオートチャージできるのでスムースな移動が可能です。

空港に滞在する時間が長いのであれば、空港ラウンジが無料で利用できるカードも便利。海外への渡航も多いのであれば、旅行傷害補償や万が一の保障が手厚いところを選んでおくのがベター。

ハイヤー送迎サービス(優待料金)・海外wifiや携帯電話レンタルも行うセゾンプラチナカードや、専用コンサルタントが旅行の手配をしてホテルの優待特典を受けられるアメリカンエキスプレスビジネスカードもおすすめ。

特徴として、これらのサービスがきめ細かいクレジットカードは総じて年会費がかかることが多いです。でもその年会費を払ってでもサービスを受ける価値はあると思いますよ。

ただし、注意しておいてもらいたいことがあります。それは経費立て替えによって発生したマイルやポイントの権利はあくまで会社側にあるということ。

いくら自分名義のクレジットカードだからといってもそこは注意しておいてくださいね。気になるようなら会社側に確認をとって「好きに使っていい」という許可が下りれば使うのは問題ありません。

会社側に法人クレジットカードを導入してもらうのも一つの手かもしれませんね。法人カードにしてしまえば経理の管理負担がグッと減って、個々で行っていた経費の立て替えを精算する必要もなくなります。

個人がお金を借りる場合の借入先って?

お金が必要な時は、銀行や信用金庫に借入をすることをまず考えると思います。

お金の使いみちが決まっているのであれば、それ専用のローンを利用すると良いですね。

例えば、自動車購入費用にお金が必要であればマイカーローンや自動車ローンなどと呼ばれている商品が銀行や信用金庫などにありますし、住宅購入費用なら住宅ローンやマイホームローンなどがあります。

最近は様々な商品展開があり、昔からある教育ローン等の他に、結婚式の費用のために利用ができるブライダルローンや家具や家電を購入するためのローンなど様々な種類の商品が用意されています。

これらの目的がはっきりしていて借り入れできる商品の事を目的別ローンなどと呼びます。

これらの商品のメリットは金利が安い商品が多く、信頼のできる銀行から借入ができます。給料の振込口座から引落しも可能ですから、毎月面倒な返済もしないでいいのも、大きなメリットです。

デメリットは、その目的だけにしか利用ができません。車の購入費用ならその分だけの借入になります。なので申し込みには車購入の見積書や契約書が必要になりますし、審査や融資までに時間がかかることが多いです。

これらのローン以外に、フリーローン(カードローン)と呼ばれる商品があります。

フリーローンなら使途が自由で使い勝手がいい!

フリーローンは、現金を借り入れができる商品です。

借り入れした現金の使用用途は自由なので、上記のように車の購入費用や家具家電の購入費用などに当てることもできます。

また、生活費全般(食費や日用雑貨の購入費用)にも利用ができるのでとても便利です。

目的別ローンとの大きな違いは、フリーローンには限度額というのが設定されています。これは審査を受ける際に希望額を申請することができるのですが、申込者の属性(年収や勤続年数)で、その希望額が決まります。

この限度額の範囲内であれば何度でも借入ができます。つまり、一度申し込みして審査に通れば好きな時に好きなだけ借入をすることができ、かつそのお金の使いみちは自由というわけです。

フリーローンでは、一般的にカードが発行されます。銀行のキャッシュカードのようなカードでコンビニなどのATMで気軽に現金を引き出すことができます。フリーローンの会社にもよりますがATM手数料が無料であったりするので、かなり便利に活用ができます。

急いでお金が必要な方のために当日融資ができる商品があったり、収入が0円の専業主婦でも借入できる商品があったりとどんな方でも気軽に利用ができます。

フリーローンはとても便利な商品ですが、デメリットもあります。目的別ローンと比較すると金利が高いですし、自分の口座からキャッシュカードで引き出しているような感覚で使ってしまいがちなので、借金していると思えなくなってきてしまいます。

すると、最終的には返済ができなくなってしまい、自己破産などの金融事故をおこしてしまうことが多い商品でもあります。

目的別ローンもフリーローンもどちらも利用規約などを守り、返済をちゃんとしていれば便利な金融商品ですし、生活を豊かにしてくれますから、ぜひ上手に活用してみてください。