個人がお金を借りる場合の借入先って?

お金が必要な時は、銀行や信用金庫に借入をすることをまず考えると思います。

お金の使いみちが決まっているのであれば、それ専用のローンを利用すると良いですね。

例えば、自動車購入費用にお金が必要であればマイカーローンや自動車ローンなどと呼ばれている商品が銀行や信用金庫などにありますし、住宅購入費用なら住宅ローンやマイホームローンなどがあります。

最近は様々な商品展開があり、昔からある教育ローン等の他に、結婚式の費用のために利用ができるブライダルローンや家具や家電を購入するためのローンなど様々な種類の商品が用意されています。

これらの目的がはっきりしていて借り入れできる商品の事を目的別ローンなどと呼びます。

これらの商品のメリットは金利が安い商品が多く、信頼のできる銀行から借入ができます。給料の振込口座から引落しも可能ですから、毎月面倒な返済もしないでいいのも、大きなメリットです。

デメリットは、その目的だけにしか利用ができません。車の購入費用ならその分だけの借入になります。なので申し込みには車購入の見積書や契約書が必要になりますし、審査や融資までに時間がかかることが多いです。

これらのローン以外に、フリーローン(カードローン)と呼ばれる商品があります。

フリーローンなら使途が自由で使い勝手がいい!

フリーローンは、現金を借り入れができる商品です。

借り入れした現金の使用用途は自由なので、上記のように車の購入費用や家具家電の購入費用などに当てることもできます。

また、生活費全般(食費や日用雑貨の購入費用)にも利用ができるのでとても便利です。

目的別ローンとの大きな違いは、フリーローンには限度額というのが設定されています。これは審査を受ける際に希望額を申請することができるのですが、申込者の属性(年収や勤続年数)で、その希望額が決まります。

この限度額の範囲内であれば何度でも借入ができます。つまり、一度申し込みして審査に通れば好きな時に好きなだけ借入をすることができ、かつそのお金の使いみちは自由というわけです。

フリーローンでは、一般的にカードが発行されます。銀行のキャッシュカードのようなカードでコンビニなどのATMで気軽に現金を引き出すことができます。フリーローンの会社にもよりますがATM手数料が無料であったりするので、かなり便利に活用ができます。

急いでお金が必要な方のために当日融資ができる商品があったり、収入が0円の専業主婦でも借入できる商品があったりとどんな方でも気軽に利用ができます。

フリーローンはとても便利な商品ですが、デメリットもあります。目的別ローンと比較すると金利が高いですし、自分の口座からキャッシュカードで引き出しているような感覚で使ってしまいがちなので、借金していると思えなくなってきてしまいます。

すると、最終的には返済ができなくなってしまい、自己破産などの金融事故をおこしてしまうことが多い商品でもあります。

目的別ローンもフリーローンもどちらも利用規約などを守り、返済をちゃんとしていれば便利な金融商品ですし、生活を豊かにしてくれますから、ぜひ上手に活用してみてください。